1. HOME
  2. 雑誌プランドゥリフォーム連動コラム
  3. 姿勢改善はエクササイズの基本

無意識に行っている身体の動きのクセが
老化の促進や機能障害を招くことも

 歩き方や話し方、さまざまな動きには誰しも違いがあります。よくいえば個性ですが、悪くいうと「クセ」というやつです。そしてこの「クセ」が、実は前述した「原因」なのです。
 身体を使うときに「これが正しい」と判断して動くことは決して多くないと思います。むしろ、無意識に行われていることがほとんどでしょう。無意識に行う動作は、その人それぞれが「楽だ」と思い込んでいるに過ぎません。ところが、その「楽だ」と思い込んでいることが、かえって身体のバランスを崩し、知らず知らずのうちに身体を消耗させ、細胞単位での損傷や、疲労物質をため込むことにつながっているのです。
 簡単にいうと、筋肉を使うべきときに使わず、休ませるべきときに休ませず、さらには、余計にほかの部分まで使ってしまっているということです。次の項目に当てはまる方は要注意です。


エクササイズチェック

エクササイズチェック

 以上、挙げればキリがないのでこの辺にしておきますが…。基本的な動作の中ですら、こんなに注意点があるのです。
 こうした動作は一見、楽なように感じられますが、小さなストレスを身体の中にため込んでいきます。ちりも積もれば何とやらではないですが、年単位で見ていけば、これらのストレスが身体の変形や老化の促進、痛みや機能障害を招く原因となってくるのです。

動物の動きのように美しくしなやかな所作を心がけましょう


しなやかな所作

しなやかな所作

 では、この原因を減らし、身体をより効率よく使っていくためにはどうすればいいか…。
それが、「良いこだわり」なのです!
 具体的には「身体を柔らかく、美しく使う」こと。身体の正しい使い方にはこまごまと原則がありますが、シンプルにとらえると、柔らかく、しなやかに力を抜いて、綺麗な所作を心がける。昔からある日本人の動き、そして動物の動きの基本ですね。
 生活習慣が欧米化・高度化してきている中で、忘れ去られてきた動物の動き、これをイメージし、こだわっていくことで身体の負担はグッと変わります。
 「楽」な方向に流されやすい現代社会ですが、車を多く使うことで足腰が弱くなり、パソコンを使うことで肩や首からくる頭痛に悩む。
これでは何のための便利かわかりません。
 綺麗に身体を使うことは、やってみると意外に疲れるものです。しかし「苦の中に楽がある」かのごとく、身体の無用な消耗を減らし、筋肉を適切に鍛えてくれます。
 まずはイメージをしっかり持って、美しく柔らかいことにこだわりを持つこと。それが、身体のクセを大きくリフォームしてくれるのです。
 お家と一緒に身体にもこだわりを表現することで、環境も内面も自分らしく素敵になると素晴らしいですね。


プランドゥリフォーム

> プランドゥリフォームとは

> 最新号のご紹介

> ご購入はこちら
ご購入サイト fujisan.jp へ移動します。