1. HOME
  2. リフォーム・リノベーション会社をさがす
  3. 住友不動産 新築そっくりさん 北日本事業所 マンションリフォーム北海道
  4. 中古住宅+リノベーション/マンション

中古住宅+リノベーション/マンション

スケルトンリノベーションで希少な眺望を堪能できる住まい完成 <札幌・中古リノベ・マンション>

住友不動産 新築そっくりさん 北日本事業所 マンションリフォーム北海道

メイン画像

【Oさんの話】

魅力的な物件と出合って中古リノベーションを即決

それまで住んでいたマンションは購入から27年が経って、そろそろリフォームしなきゃね、と家族で話していました。でも、住みながらの工事も、工事中の仮住まいも億劫で二の足を踏んでいたんです。そんなある日、新聞の折り込みチラシが目に止まって。同じ区内のマンションで今の住まいより広いし、買い物や通勤も便利そう。何より心惹かれたのは、南向きの最上階ということ。主人も息子も乗り気ですぐ見に行きました。そうしたら窓からの眺望が素晴らしくて、迷わず購入を決めました。


住友不動産に探してもらったシャンデリアが愛用のダイニングセットとマッチ。リビング側のダウンライトは調光タイプ

住友不動産に探してもらったシャンデリアが愛用のダイニングセットとマッチ。リビング側のダウンライトは調光タイプ



「好き」にこだわって心地よい終の住処を実現

ここは、60代のわたしたち夫婦にとって終の住処になります。それで間取りも内装も自分たちの思い通りにできる“スケルトンリノベーション”を要望しました。眺めがいいリビングの大きな窓は規格サイズがないということだったので、思い切って特注に。元和室はフリースペースに変えてもらい、わたし(奥さま)が趣味を楽しむ場所として使えるようにしました。
キッチン・ランドリースペース・物干し&収納場所がぐるりと回れる動線は、とても使いやすくて満足しています。内装は「好きなものに囲まれた暮らし」をテーマに、床も壁クロスも「好き!」と直感したものを選びました。使い込んだ古い家具や小物とも意図せず調和して、いい感じの空間になりました。(談)


リビング・ダイニングからキッチンが見えず、ゆっくりくつろげる間取り。ダイニング壁はチェアと同系色のアクセントカラーを採用

リビング・ダイニングからキッチンが見えず、ゆっくりくつろげる間取り。ダイニング壁はチェアと同系色のアクセントカラーを採用

元和室をリビングに取り込んで奥さま待望の趣味スペースに。写真手前には和装一式も入る壁面収納を造作

元和室をリビングに取り込んで奥さま待望の趣味スペースに。写真手前には和装一式も入る壁面収納を造作


【家づくりの経過】

●物件探し


自宅をリフォームして定年後もそこに住み続けるか、中古の戸建てかマンションを購入してリノベーションするか、Oさんご夫妻は考えあぐねていたといいます。「いい情報があれば」と思っていたところ、たまたま不動産売買物件のチラシが新聞に折り込まれ…。その物件に目が止まったのは、南向きの最上階で3人家族に十分な広さがあることや、通勤・買い物に便利な立地など、魅力的な条件が揃っていたからです。早速内覧を申し込み、眺望のよさを確認して契約することにしました。


窓辺のコーナーで趣味のボビンレースに没頭。「初めてのわたしの場所です」と奥さまはとてもうれしそうです

窓辺のコーナーで趣味のボビンレースに没頭。「初めてのわたしの場所です」と奥さまはとてもうれしそうです



高級感のあるカーペットが足に優しい主寝室。壁のアクセントカラーが照明の電球色を受けて、暖かな雰囲気をつくりだしています

高級感のあるカーペットが足に優しい主寝室。壁のアクセントカラーが照明の電球色を受けて、暖かな雰囲気をつくりだしています



●会社選び

リノベーションすることは、物件購入の時から決めていました。そこで、スケルトンリノベーションの実績がある住友不動産に相談するため「住まいの大リフォーム博」に出向きました。窓口担当の澤井さんは、間取りやデザインの要望に耳を傾けるだけでなく、最上階ならではの断熱など居住空間の性能向上についても説明してくれました。その対応に「この会社なら安心して任せられる」と判断して、施工を依頼。物件購入時にはまだ前のオーナーが居住していたので、退室までの期間にプランを練り、退室と同時に工事を開始できるように準備しました。


奥さまのご要望でキッチンを独立型に。窓側のランドリースペースからキッチン裏へと回れる動線が機能的

奥さまのご要望でキッチンを独立型に。窓側のランドリースペースからキッチン裏へと回れる動線が機能的

洗面化粧台は2ボウル仕様で造作。年齢を重ねた時のことを考慮して、浴室は入口が広い引き戸タイプを選びました

洗面化粧台は2ボウル仕様で造作。年齢を重ねた時のことを考慮して、浴室は入口が広い引き戸タイプを選びました

玄関収納はオリジナル造作。正面には季節のディスプレイや美しい絵画と、暮らしのセンスがうかがえます

玄関収納はオリジナル造作。正面には季節のディスプレイや美しい絵画と、暮らしのセンスがうかがえます



●工事・完成

O邸最大の魅力であるリビングの大きな窓は、ご主人の要望で一面ガラスの特注サイズに。ピクチャーウインドウとして、暮らしに彩りを添えます。和室はリビングに取り込んでフリースペースに。奥さまの趣味スペースを確保しました。
独立型キッチンは奥さまの要望。キッチンとランドリースペース・物干し&収納場所を回遊動線で結ぶことで、家事負担を大幅に削減することができました。
玄関ホールから室内へと来客を誘う床は、ダークな石目調でシックな印象。建具は引き戸で統一し、広く暮らしながら収納にもゆとりが生まれるように工夫しました。ご夫妻とも「後悔はひとつもない」と話すO邸。洗練された大人のセンスと品格にあふれた、美しい住まいです。



間取り

Data

  • 築年数:築24年
  • 種別・構造:マンション・鉄筋コンクリート造11階建て
  • 床面積:122.75㎡
  • 工期:約5ヵ月
  • リフォーム費用:約2,400万円
  • プランドゥリフォーム vol.40号 掲載

お電話でのご相談はこちらから
0078-603-2583(無料)
  • ※お問い合わせの際は「プランドゥリフォームを見て」と言っていただくとスムーズです。
  • ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
  • ※一部IP電話からはご利用になれません。ご利用になれないお客様は下記「この会社の詳細を見る」の電話番号からお問い合わせください。

雑誌『プランドゥリフォーム』
バックナンバーの紹介・ご購入

【vol.41】プランドゥリフォーム

  • 2023年11月15日発売
  • 今号のテーマは、『間取りが変わると、暮らしも変わる。』参考になるさまざまな実例を間取りプランを交えてご紹介します!その他にも「...

バックナンバーを見る・買う