1. HOME
  2. リフォーム・リノベーションを知る
  3. 中古+リノベお役立ち情報
  4. リノベーション成功への道

リノベーション成功への道

これからのマイホームは中古住宅で〔はじめてのマイホーム編〕

限られた予算の中でマイホームを持つ選択の幅を広げてくれるのは、新築よりも中古住宅です。リノベーションで自分の好みの暮らし心地を実現でるのも魅力です。限られた予算の中でマイホームを持つ 選択の幅を広げてくれるのは、新築よりも中古住宅です。 リノベーションで自分の好みの暮らし心地を実現でるのも魅力です。

限られた予算の中でマイホームを持つ
選択の幅を広げてくれるのは、新築よりも中古住宅です。
リノベーションで自分の好みの暮らし心地を実現でるのも魅力です。

どこに暮らすか、どう住むか――。

気に入った街に家を持ちたいと思っても、新築戸建てなら、まず宅地ありきなので求めている利便性や周辺環境で探してもなかなか見つからないことが多いもの。

でも、中古住宅にまで選択肢を広げればこのハードルはぐっと低くなります。
中古住宅の価格は物件次第ですが、同地域に同規模の新築を建てるよりも安くなるのがふつうです。戸建ての場合、個人の売主が多くいろいろな事情から、かなりのお買い得価格で売りに出されることもあるようです。

物件が安く手に入れば、浮いた予算をリフォームやリノベーションに充てられます。
自分のスタイルに合わせて住まいづくりの楽しみも味わえるわけです。

情報のアンテナ広げて理想の物件に出会う―

では、早速、中古物件探しを。といきたいところですが、まずは家族で物件に求める条件を決めましょう。

戸建てかマンションか。立地はどのエリアまでか。広さはどのくらい欲しいか。
こうした要望に優先順位をつけます。
どうしても譲れない条件や妥協可能な条件を集約したら、物件探しのスタートです。

中古物件の売り出しを知るには、インターネット・折込広告・不動産情誌・ポスティングのチラシなどの情報源があります。また、住み替え候補地を歩いてみたら、売り出し中の中古物件を発見することもあるかもしれません。

情報収集のアンテナをできる限り広げておくことが、希望の物件にめぐりあう近道です。


限られた予算の中でマイホームを持つ 選択の幅を広げてくれるのは、新築よりも中古住宅です。 リノベーションで自分の好みの暮らし心地を実現でるのも魅力です。


施工会社探しは物件探しと一緒に始める―

購入と同時にリノベーションをするつもりなら、物件探しの段階で、工事を依頼するリノベーション会社を決めておきましょう。

リノベーション会社の情報網もあるので物件探しもあわせて頼めると、希望に沿った中古住宅がよりスムーズに見つかるかもしれません。

また、物件を購入する前に中古住宅の見学に同行してもらいましょう。リノベーションに適しているか否か、どこまでの改築ができるかなどをプロの目で判断してくれるので安心して購入できます。
面倒なマンションの施工上の制約なども調べてくれます。

中古リノベ成功の秘訣は施工会社を先に決めておくこと!これが大切なのです。


おすすめ記事

中古物件に適した築年数は戸建ては築20〜25年で、マンションは築15〜20年。

リノベの疑問、すっきり解消 Q&A

Q1 中古物件はどのくらい古い物件がリノベー...

希望の立地、満足の住み心地、リノベーション前提で中古住宅を選ぶ選択。
初めてのマイホームも持ち家からの住み替えも夢が近づく中古リノベ。
中古物件を選ぶコツをご紹介します。

いま、中古住宅を選ぶのが賢い選択

希望の立地、満足の住み心地、リノベーション...

祖父母の家や親の家など今はもう誰も住む人がいなくなっている家はありませんか? 
壊すにもお金がかかる、かといって住むには古い家。
そんな家を「実家リノベーション」で子どもや孫が家を住み継ぐことができます。

実家リノベーションをやってみませんか?

祖父母の家や親の家など今はもう誰も住む人が...

住まいの不満、赤信号が灯っていますよ。そろそろリフォーム、キーワードは「断熱」です。

あなたの家はなぜ寒いのか?

それは、冬のせいばかりではないはず。だって...