1. HOME
  2. リフォーム・リノベーションを知る
  3. 中古+リノベお役立ち情報
  4. リノベーションとは

リノベーションとは

ここが違うリフォームとリノベーション

リフォームとリノベーション、さていったい何が違うのでしょう?
リノベーションの定義をわかりやすくご紹介しましょう。


リフォームとリノベーション、さていったい何が違うのでしょう?リノベーションの定義をわかりやすくご紹介しましょう。

リノベーションは新しい住空間を目指す

手近にある2冊の書籍でリフォームとリノベーションの違いを調べてみました。
ある人の分け方では、リフォームは住まいの性能や機能を回復させること、リノベーションはその上にさらに新しい価値を生み出すこととあります。また、別の人はリフォームとは不便さの解消でリノベーションは個々の生活スタイルにあった住まいづくり、と区別します。
これらから考え合わせると、リフォームとは今の住まいで暮らし心地がマイナスなところをゼロに戻したり、いくらかプラスの要素を盛り込み、リノベーションは暮らし心地のプラス・マイナスをいったん御破算にして、新しい計算式、つまりまったく新しい住空間を目指すことと分けてみると・・
少し抽象的ですが工事の目的が分かりやすいかと思います。

使い分けが、あいまいになりがち-

ちょっと困るのがリフォームとリノベーションの区別が実際にはあいまい になってしまっていること。最近は賃貸物件の情報などに「リノベーション済み」といった表記をよくみかけますが内容としてはクロスの張り替えなどだけで、とてもリノベーションとは呼ぶには・・というものも多いのが現状です。  
リノベーションというほうが、響きがいいからでしょうか?

プランドゥリフォームでは、フルリフォームというカテゴリーを作っています。
既存の住宅の大規模リフォームにあたるのですが、リフォームの内容はリノベーションレベルの住まいばかりです。


中古物件の購入~大規模な改築をリノベーションに
若い世代のマイホームのトレンドに-

冒頭に紹介した2冊はリノベーションの実例として、物件探しから始めるケースを紹介しています。
気に入った中古物件を見つけるところからスタートしているのです。
そこでプランドゥリフォームとしては、リノベーションとは今の住まいをリフォームすることではなく中古物件を購入し、生活スタイルに合う大規模な改修・改築をすることをリノベーションと定義しています。  

若い世代には手に入れやすい最初のマイホームとして、ミドル世代・シニア世代には住み替えの有力候補として、中古住宅のリノベーションがトレンドとなってきています。  
スクラップ&ビルドの時代から、住まいを長く住み継ぐ時代へ変化しているのです。



おすすめ記事

中古物件に適した築年数は戸建ては築20〜25年で、マンションは築15〜20年。

リノベの疑問、すっきり解消 Q&A

Q1 中古物件はどのくらい古い物件がリノベー...

希望の立地、満足の住み心地、リノベーション前提で中古住宅を選ぶ選択。
初めてのマイホームも持ち家からの住み替えも夢が近づく中古リノベ。
中古物件を選ぶコツをご紹介します。

いま、中古住宅を選ぶのが賢い選択

希望の立地、満足の住み心地、リノベーション...

祖父母の家や親の家など今はもう誰も住む人がいなくなっている家はありませんか? 
壊すにもお金がかかる、かといって住むには古い家。
そんな家を「実家リノベーション」で子どもや孫が家を住み継ぐことができます。

実家リノベーションをやってみませんか?

祖父母の家や親の家など今はもう誰も住む人が...

住まいの不満、赤信号が灯っていますよ。そろそろリフォーム、キーワードは「断熱」です。

あなたの家はなぜ寒いのか?

それは、冬のせいばかりではないはず。だって...