1. HOME
  2. リフォーム・リノベーション実例をみる
実家リノベ・その他/戸建て・マンション

立地の魅力を活かした眺望を満喫

住友不動産 新築そっくりさん 北海道事業所

リビング

既存を活かした梁と柱がアクセント。要所に収納を組み込んで、より広く暮らせるように工夫しています

 気がかりは、長く空き家になっている奥さまの実家でした。そこで、ご主人の定年を機にお二人の故郷である小樽に戻り、日本海も望める小高い丘の上の実家をリノベーションすることに。「あの古い家を?」というお子さんたちの心配をよそに強く、暖かく、窓からの眺めが自慢の住まいになりました。

 ご主人は転勤のある仕事ということで、Kさんご夫妻はずっと社宅暮らしを送ってきました。「空き家になっていた実家を更地にして管理する方法もありますが、それだと固定資産税が高くなると聞いて、今後の年金生活に不安を覚えました」と奥さま。いろいろ思案した結果、実家付近はバスの利便性がいいことと、眺望に優れた丘の上という立地が捨てがたいことから、実家の改修を決心。


和スペース

和スペースに布団を敷くことも考えて収納は吊いタイプに。ダウンライトお和風デザインを選んでいます


階段

以前と同じ位置の階段は手すりを付けて安全性に配慮。普段用の上着が掛けられるハンガーパイプが便利


玄関

玄関を広く見せる姿見付き収納を設置。玄関ドアは明かり採りの窓付きです


カウンター

カウンターに座ると、遠く日本海まで見えます。浮き球に似たペンダントライトに故郷愛が伝わります

 シンプルな空間で広く暮らしたいというご夫妻の要望で、1階はLDKのワンルームに変更。この空間には寝ころんでくつろげる和のスペースも確保しました。
 「一番気に入っているのは、庭に面した窓際のカウンター」
 このカウンターは担当者から提案されたもので、限られた空間をゆったり使えます。間取りも内装も一新した1階にお子さんたちはびっくり。
 大規模リフォームで、柱と梁に耐震合板を張り付け、耐震性を新築基準までアップ。断熱材とサッシを入れ替え、暖かい住宅へと劇的に変わりました。
 新築そっくりさんが行うリノベーションの工事仕様は、既存の建物を大切に利用しようと国交省が進める「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助事業の要件を満たしており、K邸でもその補助金を利用することができました。


LDK

既存の居間和室の2部屋を広いLDKに間取りを変更。防音性も期待できるトリプルガラスサッシを採用しています


客室

窓のなかった2階の部屋に半透明のハイサイドライトを設置。以前増築した納戸や壁の作品など、ご両親の思い出も大切に残しました。

 Kさんご夫妻が結婚後、盆暮れにはお子さん連れでこの家に滞在し、家の前でご両親と記念撮影するのが恒例だったそうです。ご近所の多くは以前から奥さまと顔見知りで、Kさんご夫妻を温かく迎えてくれました。
 海や山、庭の花々や野鳥など、四季折々の風景に心を寄せながら、ご夫妻は心穏やかなセカンドライフを楽しんでいます。


外観

玄関上の小屋根はご主人のアイデア。窯業サイディングで表情を一新

Data

  • 築年数:築43年
  • 種別・構造:木造2階建て
  • 床面積:1階45.55㎡/2階52.17㎡
  • 工期:約2.5ヵ月
  • リフォーム費用:1,000万円~1,500万円
  • 会社名:住友不動産 新築そっくりさん 北海道事業所

お電話でのご相談はこちらから
0066-969-2920(無料)
  • ※お問い合わせの際は「プランドゥリフォームを見て」と言っていただくとスムーズです。
  • ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
  • ※一部IP電話からはご利用になれません。ご利用になれないお客様は下記「この会社の詳細を見る」の電話番号からお問い合わせください。

その他「実家リノベ・その他/戸建て・マンション」実例をみる