1. HOME
  2. リフォーム・リノベーション実例をみる
中古住宅+リノベーション/戸建て

補助金も加えて2,400万円台。更地購入+新築では叶わない“超”高性能住宅を実現<旭川・戸建て・中古住宅+リノベーション>

東陽AP

暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

興味を持つと、徹底して情報を深堀りするご主人が目指した高性能住宅。長期優良住宅Sクラスの補助金200万円も得て、納得の住まいができました。


 お子さんたちの校区内で家を持ちたいと考えていたFさんご夫妻。新築も考えましたが、リノベーションという方法があることを知って、中古物件に的を絞り直したといいます。
 東陽APの見学会に足を運び、「いいな」とご夫妻の感想も一致。
 希望のエリアで築41年の中古物件を見つけたというご夫妻の話を受けて、不動産会社と売買契約を結ぶ前に、基礎の状態などリノベーションに適した建物かを東陽APで調査し、確認。可能と判断され、F邸のリノベーションが具体化しました。


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

ドアはあえて付けず、2帖ほどのスペースながら、落ち着いて趣味に没頭できる書斎。ご主人のワールド全開です


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

「家族みんなでキッチンに入りやすいから」と、キッチンは奥さまが希望したアイランド型に


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

キッチンのIHクッキングヒーターは奥さまの希望。「火が直接見えなくて安心です」

「プラン面では2階に子供部屋2室と主寝室、1階に客用の部屋が1つ欲しいとお願いしました」とご主人。多趣味なご主人の書斎はもちろん必須事項。キッチンは奥さまの希望でアイランド型にし、駐車スペースと離れていた玄関は位置を変えて車からの動線を短くしました。
インテリアは「シンプルモダン」を基本に、白っぽい床とダーク色の建具でコントラストをきかせています。


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

モノトーンな床材がモダンなユーティリティ


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

「少し変わったのがいい」とご主人が選んだ壁紙がポップで楽しげなトイレ


ご主人がDIYで自作した収納棚は、プロ顔負けの仕上がり。アイデアも出来栄えもお見事です。
プランもインテリアも「こうしたい!」が明確なF邸。一番に求めていた住宅性能も希望通りに。
こうした省エネ性をはじめ、耐震性や劣化対策、維持管理のしやすさなどが、新築基準とほぼ同等なリノベーション住宅に認められる長期優良住宅Sクラスが適用され、200万円の補助金も得ることができました。


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

玄関は、家族の靴を収めるシューズクロークを設けてツーウェイに。玄関ドア側は引き戸で締め切ることもできます


暖房エネルギーの消費量を抑えながら将来も暖かく暮らせるように、断熱性能はQ値1.0レベルを目指し、結果0.83という高性能な住宅にリノベーションしています。旭川の高性能中古住宅リノベーションの施工例。施工は旭川の東陽AP。

主寝室には、容量十分のウォークインクローゼットを備えて

「住宅自体の性能が高いので、真冬になっても月々のガス代は2万円ちょっと。ソックスをはく必要もなく薄着で暖かです」とご主人。
土地から購入してからの新築なら、総額2400万円台という費用ではまず実現しなかった、4人家族に十分な広さの高性能住宅。
専門知識を仕入れて臨んだリノベーションの成功に、ご主人の顔から自然と快心の笑みがこぼれるのも道理です。


Data

  • 築年数:41年
  • 種別・構造:戸建て 木造・2階建て
  • 床面積:1階67.34㎡(増築4.54㎡)/2階52.05㎡(増築28.92㎡)
  • 工期:約3ヵ月
  • リフォーム費用:約2,400万円
  • プランドゥリフォーム vol.28 掲載
  • 会社名:東陽AP

お電話でのご相談はこちらから
0066-969-2353(無料)
  • ※お問い合わせの際は「プランドゥリフォームを見て」と言っていただくとスムーズです。
  • ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
  • ※一部IP電話からはご利用になれません。ご利用になれないお客様は下記「この会社の詳細を見る」の電話番号からお問い合わせください。

その他「中古住宅+リノベーション/戸建て」実例をみる