1. HOME
  2. リフォーム・リノベーションを知る
  3. リフォームお役立ち情報
  4. 2世帯リフォームのポイントと親子の本音

リフォーム・リノベーションを知る

リフォームお役立ち情報

これでうまくいく!2世帯同居のリフォーム

二世帯同居のリフォーム

2世帯が一緒に暮らすことのメリットを最大限に引き出し、逆にストレスやトラブルのリスクを抑えるには、 どうしたらよいか。
せっかくの同居が 「こんなはずではなかったのに」 とならないように、 よく考えてから 着手することが大切です。
2世帯同居のリフォームを成功させる事前準備とは?


ポイント①
「分離」にする?「共有」にする?
~わが家に合ったプランを決めましょう!~



2世帯住宅へのリフォームは、2つの世帯で住まいをどう分けるかが出発点です。
住空間の分け方は、次の3つに大別できます。



1. 完全分離タイプ


2. 部分共有タイプ


    3. 完全共有タイプ





☟☟☟各タイプの詳細・事例をみていきましょう☟☟☟



1. 完全分離タイプ


 世帯間でスペースを全く共有しないプラン。お隣さん同士という感覚で、互いのプライバシーを尊重しやすい住まい方です。住空間の分離の方法は、上下階で分けるのが主流ですが、小さな家を2つ並べるように左右で分ける方法もあります。



⚠ プランづくりの注意点 ⚠生活音や振動がトラブルになりやすい。しっかりした防音対策が重要とくに
 2階に水回りを新設する場合は、必須と考えてよい。

1階での調理のニオイが2階へ流れやすいので、換気にも十分留意。
1階に親世帯、2階に子世帯が一応の原則だが、孫が小さいのなら、生活音
 対策として、親世帯が2階に暮らすのもあり。


     

完全分離タイプ事例①

共用部分の一切ない長屋のような2世帯住宅で世帯の独立性を尊重


完全分離タイプ事例②

完全分離で付かず離れず悠々自適な2世帯暮らし



2. 部分共有タイプ


 玄関、リビング、水回りなどは共有するプラン。世帯ごとの生活時間帯やプライバシー、家計負担などのバランスに応じて、分離と共有の度合いを柔軟に変えられるのが利点です。



⚠ プランづくりの注意点 ⚠共有箇所が少な過ぎると、同居のメリットがなくなる。同居後の暮らしをよ
 くイメージしてプランをつくる。

敷地面積が狭ければ、共用スペースを多くする。
 その分、個室を広くとることができる。

水回りのリフォームは費用が掛かる。
 できるだけ既存ものを利用すると節約ができる。

寝室は位置だけでなく動線までも工夫して、プライバシーの確保を。


     

部分共有タイプ事例①

互いを尊重しながらいい距離感で暮らせる住まいへ


部分共有タイプ事例②

3世代6人+ワンコ3匹で暮らす長期優良住宅



3. 完全共有タイプ


 寝室などの個室以外は全て共有するタイプ。既存の住まいを大きく変更せずにリフォームできるので、費用が抑えられます。世帯間のコミュニケーションを大事にし、プライバシーや生活リズムの問題をうまく解消できるなら、ほとんど分離しない住み方もありです。



⚠ プランづくりの注意点 ⚠それぞれの持ち物が共有空間に溢れないよう、十分な収納スペースを用意。
息子夫婦と同居なら、嫁のプライバシーの確保や家事分離を考慮に入れる。
娘夫婦との同居で、婿の帰宅時間や入浴時間も違うようなら、世帯ごとの玄
 関分離も選択肢に。

既存の住まいをそっくり生かす場合が多いが、将来の介護を見越したバリア
 フリー化はしておきたい。


           

完全共有タイプ事例①

子育ても雪かきも助け合い。2世代同居は快適です!



わが家に合ったプランつかりましたか?
同じ屋根の下に、が居る、が居る、が居る、
おじいちゃんおばあちゃんが居る。
それぞれの個性ライフスタイル尊重しながら暮らしていくために
自分たちのカタチイメージしてみましょう。

続きを読む