1. HOME
  2. リフォーム・リノベーションを知る
  3. リフォームお役立ち情報

リフォーム・リノベーションを知る

まず最初に

リフォームをしようという決断には、必ずきっかけがあるはずです。家族みんなが快適に暮らすために、なぜリフォームするのかを話し合うことからはじめましょう。

予算・不具合・希望をまとめましょう

耐用年数や傷み具合をチェック


耐用年数や傷み具合をチェック

耐用年数や傷み具合をチェック

 普通に暮らしていても住まいのあちこちは傷んでくるもの。「そろそろ修繕・補修が必要?」と思われる箇所をチェックしましょう。
 まず水回り。キッチンはコンロ(IHクッキングヒーター)や換気扇、収納などの見直しやシステムキッチンそのものの交換など、15〜20年経っていたらそろそろリフォーム時期です。風呂場には、柱の傷みや腐食がありませんか? ユニットバスの交換は20〜30年が目安です。浴室が在来工法の場合は、基礎部分の補修や補強、タイルの張替えや浴槽の交換を考えたほうがよいかもしれません。給排水管については、サビなどで劣化した部分の交換が必要になります。20年ほど経過していたら交換を検討しましょう。
 居室の壁や天井に関しては、使用頻度や家族構成によって違いはありますが、塗装の塗り替えや壁紙の張替えは、5〜15年周期が目安になります。傷み具合によっては、さらに下地や構造、断熱材といった補強が必要になる場合もあります。


最後に外周りにも目を向けましょう。外壁がタイル張りの場合は10〜15年を目安に目地の補強やタイルの補修といったメンテナンスを。吹き付け塗装外壁の場合は、10〜15年ごとに下地の補修や塗装をし直し、15〜25年経過したら外壁そのものの張替えを検討しましょう。また、金属製屋根はおよそ20年をめどに下地材の補修や断熱材の交換など、全体の葺き替 え時期です。
以上の点から思い当たる箇所があれば、そろそろリフォーム時期です。一戸建ての場合は建築図面図、マンションなら間取図を用意し、延床面積や築年月、過去の補修やリフォーム歴などを参考にしながら検討してください。


不具合・不満をチェック


住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう

キッチンなら、狭い、使い勝手が悪いなど住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう

 「こうだったらいいな」を実現させるのもリフォームです。家族構成や生活形態などが変化し、入居したときとは状況も違っているはずです。無駄なスペースを有効に活用したり、日ごろ感じている不便を解消したりするために、今の住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう。
 たとえばキッチンなら、狭い、使い勝手が悪い、収納が少ない、浴室やトイレなら狭い、寒い、暗いなど。居室や間取りに関しては、バリアフリーの検討や、使っていない部屋の有効活用など間取りの変更、外周りでは壁面や門扉の汚れ・破損などがあげられます。不具合や不満がわかれば、「だから、こうしたい」という希望が明確になるはずです。
 これらの改善希望点と、前にチェックした修理や修繕が必要な箇所を合わせ、キッチンや浴室・トイレ、居室、間取り、外周りと項目別にまとめておくと、業者に依頼する際に話がスムーズに進みます。


予算を踏まえて優先順位を


 「せっかくリフォームするのだから」とあれもこれもと欲張りすぎると、予算も時間もオーバーしてしまいます。耐用年数の関係でどうしても後回しにはできない補修や修繕を最優先にすると、諦めなければならない箇所が出てくるかもしれません。また、一気にまとめて行ったほうがいいリフォームもあります。
 「リフォームしなければならない箇所」「リフォームしたい箇所」を家族全員で話し合い、優先順位をつけた上でプロの判断を仰ぎましょう。また、リフォーム資金としてどれくらい用意できるのか、どのように支払うのかを、事前に把握しておくのも大切です。


世代別リフォームのカタチ

世代が違えば、ライフスタイルも当然異なってきます。
また、同じ夫婦・家族でも年齢を経ることで暮らしや価値観に変化が生じるもの。
それぞれの世代がどんな住まいを求め、どんなリフォーム&リノベーションにたどりついたのか。
同じ世代や境遇にある読者の方なら共感できることも多いはず。
参考にしていただけること満載の今特集、じっくり読んで見て、あなたのリフォームにお役立てください。

20~30代のリフォーム


20~30代のリフォーム

今ならではの夢をかなえる
空間づくり

 初めての持ち家として中古の戸建て・マンションを購入し、リフォームして住む20~30代が増えています。新築にこだわらず、お買い得の中古住宅を探して、マイホームの夢を早く、無理なく、かなえているようです。

施主の声から
「ほかでは見たことのない格好いい斬新な家に住みたい」
「…住むスタイルが変わってもフレキシブルに対応できる…」
「…開放感だけでなく、子供たちの気配がよくわかる…」


続きを読む

これでうまくいく!
2世帯同居のリフォーム

二世帯同居のリフォーム

世帯が一緒に暮らすことのメリット
最大限に引き出し、
逆にストレストラブル
リスクを抑えるには、
どうしたらよいか。

せっかくの同居が
こんなはずではなかったのに
とならないように、
よくえてから
着手することが大切です。

2世帯同居のリフォームを
成功させる事前準備とは?

続きを読む

小予算で、すぐにもできる ポイントリフォームアラカルト

ちょっとした改善で、暮らし心地は、ぐんとアップ。
予算少なめでも可能な、比較的小さなリフォームのアイディアを紹介します。ぜひ、ご参考に。


複数照明で雰囲気を変えよう


 部屋の模様替えに、もう一つひねりを加えたい―― そんな時には、照明を工夫してみましょう。比較的費用をかけずに空間の雰囲気を変えることができるので、コストパフォーマンスの良いポイントリフォームになります。
 リビング・ダイニングに照明を複数設置するのがおすすめです。たとえば、室内全体を照らす主照明のシーリングライトの他にスポットライトを取り付けてみてはどうでしょうか。
 ライティングレールに4つのスポットライトを付ければ、1つは壁に向けて間接照明に使い、2つは読書のために手元を照らす役目に、もうひとつはキャビネットなどの上に据えた置物やオブジェを引き立てるのに用います。
 夕食後など、家族がリビングで思い思いの過ごし方をするとき、主照明を消して、スポットライトを点けてみると、いつもよりもリラックス感のある時間に変わりそうです。


複数照明で 雰囲気を変えよう



「リビングで勉強」が常識


「リビングで勉強」が常識

 お子様はご自宅のどこで勉強していますか? 子供部屋? そもそも勉強していない?
 いま小学生が子供部屋ではなく、リビングやダイニングといった親の目の届くところで勉強する「リビング学習」が広まっているそうです。人によっては、もう常識、とまで言います。
 勉強に集中できるようにと個室を与えても、小学生は一人では集中力が続かないもの。かえって適度にリラックスでき、親の声掛けがしやすいリビングやダイニングの方が勉強に向いている、という説明にはうなずけます。小学生だけでなく、ケータイやスマホが気になって教科書に意識が向かない中高生にも、勉強の環境づくりとして検討の価値ありかもしれません。
 子供用のカウンターデスクやリビング用の勉強机、シーリングライトなど、メーカーではリビング学習に適した商品を販売しています。リビング・ダイニングのリフォームに取り入れてみてはいかがでしょうか。


続きを読む

ここまでできる! [一戸建て編]

頭の中で思い浮かべるリフォーム、「でも、実際にそんなことできるの?」と不安に感じることがあるかもしれません。一戸建ての場合は、集合住宅に比べると自由度が高いと思われがちですが、構造や建築基準法による制約、場合によっては地域の条例がネックになる場合も。それらを踏まえたうえで、「ここまでできる!」リフォームの現状をご紹介します。



増築:増築は建ぺい率でチェック


増築は建ぺい率でチェック

増築は建ぺい率でチェック

 増築を考えている場合は、まず建ぺい率を確認しましょう。建ぺい率と容積率の範囲を超えなければ増築が可能です。新築した時点で限度を最大限に利用していたとしても、規制緩和などによって建ぺい率が上がっている可能性もあるので、諦めずにチェックを。
 平屋の場合、柱や壁の補強によって2階建てへの増築が可能になります。また、容積率の制限範囲内であれば、地下室を増築することもできます。ただ、2階建てから3階建てへの増築は基礎部分の強度が十分でない場合があるため、難しいかもしれません。
 屋根裏にある小屋裏と呼ばれるスペースは、天井までの高さが1・4m未満で、面積がその階の2分の1以下であれば床面積に算入されません。ですから、容積率に関係なく物置としての活用が可能になります。


間取りの変更:間取りの変更は構造次第


自然光を取り入れる

自然光を取り入れる

 建物の構造によって、間取りの変更が可能かどうかは違ってきます。鉄骨造、ブロック造の住宅はかなり制限されますが、それを逆手にとった施工例もあります。たとえばロフトや間仕切りを活かして部屋数を増やしたり、階段を架け替えたりといった事例があるの で、相談してみましょう。
 自然光を採り入れるために窓を増やしたい、あるいは移動したい場合は、建物の強度に問題がなければ可能です。
 開放感あふれる吹抜けは、上階の床の一部、あるいは最上階の天井を取り外して作るため、構造強度に問題がなければ可能になります。また、採光や通風のためのトップライト(天窓)は、防水処理や補強などを行ったうえで設置可能です。
 増築に伴ってコンセントを増やしたり移動したりする場合があります。増やす場合は電力使用量が増える可能性もあるので、現状の契約容量を考慮したうえで判断しましょう。


ここまでできる!水回り:水回りはプロに相談を


 効率的な動線や広さの確保のために、キッチンや浴室を移動させたい…。水回りの移動は難しそうですが、一戸建ての場合は比較的制約が少ないため、自由度が高くなります。まずは希望を相談し、プロの目線による提案を検討してみましょう。
 キッチンや洗面台は、既存の商品だけでなくオーダー、あるいはセミオーダーも可能です。ガラスや陶器のボウルを使用した洗面台や、素材・カラーにこだわったキッチンなど、快適さにラグジュアリーをプラスさせた空間が実現するかもしれません。
 また、ガスコンロからIHクッキングヒーターへの変更を希望する場合は、家庭用の電源が 200V対応になっていれば可能です。もし100Vの場合は別途費用がかかります(10万円前後)。


水回りはプロに相談

水回りはプロに相談


ここまでできる!外周り:外周りは素材の変更を検討


外回りは素材も検討

外回りは素材も検討

 外装材はさまざまな種類が開発・輸入されており、耐久性が30年といわれる樹脂サイディング、半永久的とされるタイルなど寿命も延びています。リフォームの機会に検討してみるとよいかもしれません。
 積雪地独特の悩みである屋根の形状に関しても、雪が落ちずデザインや外観を損なわない洋風瓦屋根素材などの普及によって、無落雪屋根にこだわる必要がなくなってきています。また、太陽光パネルも、屋根材と一体化したデザイン重視タイプなどがあるので、導入を検討しているのならチェックしてみましょう。