1. HOME
  2. リフォーム・リノベーション事例をみる
内装・キッチンリフォーム

使いづらかったキッチンが カフェのような、家族が集う空間に<札幌市・中古リノベ・戸建>

PanasonicリフォームClub リファイン美園藤和建業

不便だったキッチンスペースや使っていなかった和室が、リフォームで家族のお気に入りのスペースに生まれ変わりました。残した3本の柱が程よいアクセントになっています。

不便だったキッチンスペースや使っていなかった和室が、リフォームで家族のお気に入りのスペースに生まれ変わりました。残した3本の柱が程よいアクセントになっています。


閉鎖的な間取りからオープンなダイニングキッチンに

15年前に築10年の中古住宅を購入したSさまご家族。日々の暮らしの中で感じていた不便を解消するためリフォームすることにしました。
現状のキッチンスペースは、ダイニングテーブルを置くには狭く、キッチンだけで使うには広すぎる、微妙な広さでした。また、キッチンからリビングに向かって壁があるため、動線が悪く、リビングにいる家族との会話や、テレビを見るのも不便でした。キッチンとリビングに隣接した和室も使われておらず、無駄なスペースになっていました。これらの不満や不便を解消するためのリフォームがスタートしました。


〈before〉

〈before〉


〈after〉夜は今回新設したペンダントライトのやさしい明かりでBARのような雰囲気に。生まれ変わったキッチンは家族が集うスペースになりました

〈after〉夜は今回新設したペンダントライトのやさしい明かりでBARのような雰囲気に。生まれ変わったキッチンは家族が集うスペースになりました


〈before〉

〈before〉

〈after〉リビング向きにあった壁を取り除いたことで、開放感のある空間になりました。抜けない柱がアクセントになっています

〈after〉リビング向きにあった壁を取り除いたことで、開放感のある空間になりました。抜けない柱がアクセントになっています

個々に食事をすることが多いSさまご家族。日々の食事はキッチンのカウンターを利用し、家族が揃ったときや友人・知人の来訪のあったときは、旧和室スペースをゆっくり食事のできるダイニングとして使え、キッチン・リビングと一体感のある空間に変更しました。また、リビング向きにあった壁は撤去し、抜けない3本の柱は、程よいアクセントになりました。 日中はカフェのような、夜はバーのような雰囲気のスペースに変わったキッチンで息子さんたちも料理を始めたと奥さまも大満足です。


Data

  • 築年数:25年
  • 種別・構造:木造2階建て
  • 工期:約2週間
  • リフォーム費用:~200万円
  • プランドゥリフォーム vol.34号 掲載
  • 会社名:PanasonicリフォームClub リファイン美園藤和建業

お電話でのご相談はこちらから
0078-603-2117(無料)
  • ※お問い合わせの際は「プランドゥリフォームを見て」と言っていただくとスムーズです。
  • ※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
  • ※一部IP電話からはご利用になれません。ご利用になれないお客様は下記「この会社の詳細を見る」の電話番号からお問い合わせください。

その他「内装・キッチンリフォーム」実例をみる