リノベーションデータ

中古+リノベーションのあれこれ

データで見たら一目瞭然?

寒さ厳しい北海道で中古住宅をリノベーションするのって
どれくらいのお金がかかるんだろう…。
住宅を探す時は、どうやって探したんだろう…。
そんな知りたいことをまとめてみました。

(データベース/プランドゥリフォーム取材宅より集計)

 
 
Q1. 購入した物件の場所は希望通りでしたか?


購入した物件の場所は 希望通りでしたか?のグラフ

「駅近」「~区」「職場近郊」など希望することは色々ありますが、98%の方が希望をかなえられたようです。場所がなければ建てることができない新築と違い、中古物件は希望する場所で探しだすことができるのが、魅力といえますね!

 
 
Q2.中古物件の購入価格は?


中古物件の購入価格は?のグラフ

 マンションも戸建ても1,000万円以下と1,500万円以下に大きく分かれており、物件購入価格は1,500万円以内という方が全体の7割以上を占めています。物件費用とリノベーション費用を合算して1,500万円から3,000万円で収まるようにプランしているケースが多いようです。住みたいエリアで新築が建つのを待つよりもずっと効率的といえます。

 
 
Q3.リノベーションにかかった費用は?


リノベーションにかかった費用は?のグラフ

 物件取得の費用を除いた、リノベーションにかけるお金はほぼ3分割。マンションはフルリノベーションでも1,000万円以下が8割を占め戸建ては基礎工事や耐震耐熱工事など構造部分の費用がかかる分、割高となりますが、想いどうりの家を造れる楽しみは新築にはないものです!

 
 
Q4.購入した中古物件の築年数は?


購入した中古物件の築年数は?のグラフ

 戸建ての半数以上は築30年~35年未満の中古物件を購入していることがわかります。そして、2位は築35年~40年未満となっています。マンションも1位は築30年~35年未満と戸建てと同じ結果に。購入前にはリノベーションに適しているかを必ず確認しましょう。

 
 
Q5.中古物件を購入する際にこだわった点はどこ?


中古物件を購入する際に こだわった点はどこ?のグラフ

「立地」がダントツですね。少しでも利便性がよい場所に住みたいと思うのが人情ということですね。2番目に多かったのは少しでも抑えたいコスト。中古+リノベーションでは新築と比較して、費用も立地も両方の希望が叶う可能性が高いのがメリット。だからこそ両方とも妥協したくないですよね。

 
 
Q6.リノベーションのこだわった点は?


リノベーションのこだわった点は?のグラフ

 間取りのこだわりの1位はお子さんの成長に合わせて対応できるようにしたい、という希望です。次に多いのが好みのデザインやお気入りのインテリアをリノベーションを機に実現したということ。こだわり抜いて完成した空間は世界のどこにもない完全オリジナル。これまた、リノベーションの大きな魅力です。

 
 
Q7.リノベーションの工期は?


リノベーションの工期は?のグラフ

 マンションだと最短で3週間、一番多いのが1ヵ月。スケルトンにしてもマンションは意外に早く工事が終わります。一方、戸建ては2ヶ月~3ヶ月という期間が多いようです。これは新築とほぼ同じ工期です。工期は現在の住まいからの移動(引っ越し)に密接に関わるので、しっかりと確認しながら進めてくださいね。