まず最初に

リフォームをしようという決断には、必ずきっかけがあるはずです。家族みんなが快適に暮らすために、なぜリフォームするのかを話し合うことからはじめましょう。

予算・不具合・希望をまとめましょう

耐用年数や傷み具合をチェック


耐用年数や傷み具合をチェック

耐用年数や傷み具合をチェック

 普通に暮らしていても住まいのあちこちは傷んでくるもの。「そろそろ修繕・補修が必要?」と思われる箇所をチェックしましょう。
 まず水回り。キッチンはコンロ(IHクッキングヒーター)や換気扇、収納などの見直しやシステムキッチンそのものの交換など、15〜20年経っていたらそろそろリフォーム時期です。風呂場には、柱の傷みや腐食がありませんか? ユニットバスの交換は20〜30年が目安です。浴室が在来工法の場合は、基礎部分の補修や補強、タイルの張替えや浴槽の交換を考えたほうがよいかもしれません。給排水管については、サビなどで劣化した部分の交換が必要になります。20年ほど経過していたら交換を検討しましょう。
 居室の壁や天井に関しては、使用頻度や家族構成によって違いはありますが、塗装の塗り替えや壁紙の張替えは、5〜15年周期が目安になります。傷み具合によっては、さらに下地や構造、断熱材といった補強が必要になる場合もあります。
 最後に外周りにも目を向けましょう。外壁がタイル張りの場合は10〜15年を目安に目地の補強やタイルの補修といったメンテナンスを。吹き付け塗装外壁の場合は、10〜15年ごとに下地の補修や塗装をし直し、15〜25年経過したら外壁そのものの張替えを検討しましょう。また、金属製屋根はおよそ20年をめどに下地材の補修や断熱材の交換など、全体の葺き替 え時期です。
 以上の点から思い当たる箇所があれば、そろそろリフォーム時期です。一戸建ての場合は建築図面図、マンションなら間取図を用意し、延床面積や築年月、過去の補修やリフォーム歴などを参考にしながら検討してください。

不具合・不満をチェック

 「こうだったらいいな」を実現させるのもリフォームです。家族構成や生活形態などが変化し、入居したときとは状況も違っているはずです。無駄なスペースを有効に活用したり、日ごろ感じている不便を解消したりするために、今の住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう。
 たとえばキッチンなら、狭い、使い勝手が悪い、収納が少ない、浴室やトイレなら狭い、寒い、暗いなど。居室や間取りに関しては、バリアフリーの検討や、使っていない部屋の有効活用など間取りの変更、外周りでは壁面や門扉の汚れ・破損などがあげられます。不具合や不満がわかれば、「だから、こうしたい」という希望が明確になるはずです。
 これらの改善希望点と、前にチェックした修理や修繕が必要な箇所を合わせ、キッチンや浴室・トイレ、居室、間取り、外周りと項目別にまとめておくと、業者に依頼する際に話がスムーズに進みます。

予算を踏まえて優先順位を


 「せっかくリフォームするのだから」とあれもこれもと欲張りすぎると、予算も時間もオーバーしてしまいます。耐用年数の関係でどうしても後回しにはできない補修や修繕を最優先にすると、諦めなければならない箇所が出てくるかもしれません。また、一気にまとめて行ったほうがいいリフォームもあります。
 「リフォームしなければならない箇所」「リフォームしたい箇所」を家族全員で話し合い、優先順位をつけた上でプロの判断を仰ぎましょう。また、リフォーム資金としてどれくらい用意できるのか、どのように支払うのかを、事前に把握しておくのも大切です。


住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう

キッチンなら、狭い、使い勝手が悪いなど住まいの不具合や不満を具体的 にあげていきましょう


ここまでできる! [一戸建て編]

頭の中で思い浮かべるリフォーム、「でも、実際にそんなことできるの?」と不安に感じることがあるかもしれません。一戸建ての場合は、集合住宅に比べると自由度が高いと思われがちですが、構造や建築基準法による制約、場合によっては地域の条例がネックになる場合も。それらを踏まえたうえで、「ここまでできる!」リフォームの現状をご紹介します。

増築:増築は建ぺい率でチェック


増築は建ぺい率でチェック

増築は建ぺい率でチェック

 増築を考えている場合は、まず建ぺい率を確認しましょう。建ぺい率と容積率の範囲を超えなければ増築が可能です。新築した時点で限度を最大限に利用していたとしても、規制緩和などによって建ぺい率が上がっている可能性もあるので、諦めずにチェックを。
 平屋の場合、柱や壁の補強によって2階建てへの増築が可能になります。また、容積率の制限範囲内であれば、地下室を増築することもできます。ただ、2階建てから3階建てへの増築は基礎部分の強度が十分でない場合があるため、難しいかもしれません。
 屋根裏にある小屋裏と呼ばれるスペースは、天井までの高さが1・4m未満で、面積がその階の2分の1以下であれば床面積に算入されません。ですから、容積率に関係なく物置としての活用が可能になります。


自然光を取り入れる

自然光を取り入れる

間取りの変更:間取りの変更は構造次第

 建物の構造によって、間取りの変更が可能かどうかは違ってきます。鉄骨造、ブロック造の住宅はかなり制限されますが、それを逆手にとった施工例もあります。たとえばロフトや間仕切りを活かして部屋数を増やしたり、階段を架け替えたりといった事例があるの で、相談してみましょう。
 自然光を採り入れるために窓を増やしたい、あるいは移動したい場合は、建物の強度に問題がなければ可能です。
 開放感あふれる吹抜けは、上階の床の一部、あるいは最上階の天井を取り外して作るため、構造強度に問題がなければ可能になります。また、採光や通風のためのトップライト(天窓)は、防水処理や補強などを行ったうえで設置可能です。
 増築に伴ってコンセントを増やしたり移動したりする場合があります。増やす場合は電力使用量が増える可能性もあるので、現状の契約容量を考慮したうえで判断しましょう。


水回りはプロに相談

水回りはプロに相談

ここまでできる!水回り:水回りはプロに相談を

 効率的な動線や広さの確保のために、キッチンや浴室を移動させたい…。水回りの移動は難しそうですが、一戸建ての場合は比較的制約が少ないため、自由度が高くなります。まずは希望を相談し、プロの目線による提案を検討してみましょう。
 キッチンや洗面台は、既存の商品だけでなくオーダー、あるいはセミオーダーも可能です。ガラスや陶器のボウルを使用した洗面台や、素材・カラーにこだわったキッチンなど、快適さにラグジュアリーをプラスさせた空間が実現するかもしれません。
 また、ガスコンロからIHクッキングヒーターへの変更を希望する場合は、家庭用の電源が 200V対応になっていれば可能です。もし100Vの場合は別途費用がかかります(10万円前後)。

ここまでできる!外周り:外周りは素材の変更を検討


外回りは素材も検討

外回りは素材も検討

 外装材はさまざまな種類が開発・輸入されており、耐久性が30年といわれる樹脂サイディング、半永久的とされるタイルなど寿命も延びています。リフォームの機会に検討してみるとよいかもしれません。
 積雪地独特の悩みである屋根の形状に関しても、雪が落ちずデザインや外観を損なわない洋風瓦屋根素材などの普及によって、無落雪屋根にこだわる必要がなくなってきています。また、太陽光パネルも、屋根材と一体化したデザイン重視タイプなどがあるので、導入を検討しているのならチェックしてみましょう。



ここまでできる![マンション編]

マンションの場合、共用部分は変更できませんが、専有部分は比較的自由に変更可能です。「ここまでできる!」リフォームの現状をご紹介します。


間取りの変更は構造をチェック

間取りの変更は構造をチェック

間取り:間取りの変更は構造をチェック

 多くのマンションは、鉄筋コンクリートの梁と四つ角にある柱以外はすべて取り払える構造(ラーメン構造)になっています。リフォームの自由度が高いので、2部屋を1部屋にするといった大がかりな間取りの変更も可能です。ただし、給排水管は移動できない場合もあるので確認が必要です。


水回り:水回りは構造と管理規約次第

 キッチンや浴室など水回りに関しては、床下にある配管がどこまで動かせるかによって、移動の範囲や可能かどうかが変わってきます。躯体のコンクリートと床の間に十分な空間があれば、可能です。もし床下に十分な広さが確保できない場合でも、床を上げるという方法があります。いずれにしても、管理規約をよく読み、業者に詳しく調査してもらったうえで判断しましょう。
 キッチンや洗面台の交換を検討しているのなら、オーダーやセミオーダーという選択肢もあります。素材やカラーにこだわったキッチンや、ガラスや陶器のボウルを使用した洗面台など、好みのものを選んで快適な空間を作りましょう。


内装は比較的自由に変更

内装は比較的自由に変更

内装:内装は自由度の高い変更が可能

 マンション各戸の内側は専有部分となるため、内装は比較的自由に変更できます。たとえば壁材や床材、天井材の張替え・塗り替え、室内ドアなど建具の変更も可能です。ただし、玄関ドアの場合は、外側は共有部分になるので、塗り替えるとしたら専有部分の内側のみになります。
 開放的な空間にするために、天井を高くしたいという場合。構造体のコンクリートの内側までは天井裏も専有部分となるため、天井板をはずすなどして天井高を上げることができます。バリアフリーを検討している場合は、構造によっては天井が低くなりますが、可能です。
 畳やカーペットからフローリングへの変更は、まず管理規約を確認し、フローリングが禁止されていないかどうかをチェックしましょう。また、床材の性能レベルを規定している場合が多いので、それを順守したうえで張替えが可能になります。


設備:設備は管理規約や構造をチェック

 収納を増やしたい場合、床下空間に余裕があり床面を上げられる構造であれば、床下のスペースを活用することもできます。
 床暖房の設置を検討しているのなら、まずは管理組合や管理規約で電気・ガス(床暖房の種類によって熱源が違います)の使用可能量をチェックしましょう。下地から工事するタイプは床をはがすなど大がかりになりますが、そのぶん仕上がりは美しくなります。床に直接貼るタイプであれば低コストで導入できます。
 間取りの変更によってコンセントの数を増やす場合は、各住戸に配電される容量限度をチェックしたうえで検討しましょう。



工事が始まるその前に!

見積り書、契約書の最終確認

打合せが終わったら、施工会社から見積り書が提示され、その後契約書にサインをして、いよいよ工事が始まります。合計金額だけを確認するのではなく、じっくりと目を通し疑問点は遠慮なく質問しましょう。口約束は後々のトラブルのもとです。工事中のプラン変更も含め、面倒がらずに必ず書面で契約を結ぶのを忘れずに。いいかえれば、書類の提出を拒む施工会社は信頼できないということ。

見積り書チェック!

 見積り書とは、リフォーム費用を明記した書類です。おおざっぱな内訳と合計金額しか書かれていない場合は、より詳細なものを請求しましょう。

工事項目と金額をチェック!
 見積り書にある「工事項目」や「適用(仕様)」の中身を見て、間違いがないかどうか確認しましょう。打合せ通りになっているか、図面と照らし合わせながらチェックするとわかりやすいかもしれません。不明点は担当者に質問し、疑問を残さないようにしましょう。

合計金額をチェック!
 詳細が確認できたら、合計金額のチェックを。リフォーム内容によっては、ガスや電気、電話回線などの工事を伴う場合もあるので、記載された金額とは別に、施工会社以外に支払う可能性があるかどうかも確認しておきましょう。

社名と押印をチェック!
 施工会社の社名・住所・電話番号、担当者の氏名などが正しいかどうかを忘れずに確認しましょう。作成年月日と押印をチェックしたら、最後に施主であるあなたの住所・氏名も確認を。

仕上表

 施工会社によっては省略されている場合がありますが、リフォームに使用する内装材や設備機器などの種類・商品名・品番などを記載したものを仕上表といいます。

商品名・品番をチェック!
 打合せの段階で希望したものと同じ商品名・品番が記載されているかどうか確認を。品番は数字の羅列なのでうっかり見過ごしがちですが、カタログと照らし合わせて、しっかりチェックしましょう。


契約書

 文字通り契約を交わす書類が契約書。施工会社とあなたの押印によって、工事が開始される重要な書類です。場合によっては、その場で契約せず、持ち帰って家族と一緒にじっくり目を通しましょう。

工事内容と金額をチェック!
 見積り書や仕上表と照らし合わせ、記載内容に間違いがないかどうか慎重に確認しましょう。打合せの際のメモやカタログが添付されている場合は、参照を。

支払い方法をチェック!
 契約書には通常、代金とともに支払い方法も記載されています。分割払いの場合の分割割合は会社によって異なるので、支払期日と合わせ、打合せ通りに記載されているかどうか確認しましょう。

社名と押印をチェック!
 見積り書と同様に、施工会社の社名・押印などが正しいかどうか確認しましょう。契約書は同じものを2通作成し、施主と施工会社の双方で1通ずつ保管します。気になることは質問し、疑問点をすべて解消したうえで押印しましょう。

契約約款

 契約書とともに提示され、契約に伴う取り決めが書かれた書類が契約約款です。専門用語が多いですが、契約上の重要な書類なので時間がかかっても必ず目を通しましょう。

不利な記載をチェック!
 契約約款には工事が遅延した場合の保障や、工事中にご近所など第三者に損害を与えた場合の負担など、「もしも」のことを想定した重要事項が記載されています。場合によっては、施主であるあなたに不利な記載があるかもしれないので、慎重に確認しましょう。専門用語などわかりにくい表現は、遠慮せず担当者に納得いくまで質問を。